講座開催実績・受講生の声

ヴァイオリン骨体操講座「拍とリズムと音程」

9月22日(日)

14:30~15:00 公開レッスン

15:00~17:00 全体講義(公開レッスンから入室可)

 

<講師>

遠藤記代子

<会場>

昭和音楽大学北校舎(小田急線新百合ヶ丘駅徒歩1分)

<受講料>

公開レッスン生 (残1名)¥5,500
一般 ¥3,500(親子参加はペア料金)


第2期第10回ヴァイオリン指導法講座~レッスンプラン

2019年4月23日

渋谷ホール&スタジオ

 

<受講生のアンケートより>

ヴァイオリンを弾くことと読譜をどのように平行してどの進度で進めていったらいいかが漠然としていました。どの時点で読譜がどれくらいできていたらよいか、またやっておいた方がよい曲の順番などが分かってよかったです。(匿名希望様)

 

今までの講座を振り返りながら、実際にどうやってレッスンを進めていくのかがわかりました。一年間講座を受講するたびにどんどん理解進みます。実際にレッスンで行かせていることはとても沢山ありますが、まだ十分に生かし切れていないこともあり、これからの課題にしていきたいです。(E.I様)

 

具体的な教材の使い方がわかって、方向性が見えてきました。とても詳しい内容で自分が望む以上のことが得られ、本当に勉強になります。(T.K様)

 

鈴木の本を全部使いこなさなければならないと思っていたので、現実とのギャップに困っていました。不器用な生徒が多いのでなかなかすすまずストレスでした。鈴木先生の意図を知ることができて悩みが解消されました。

基礎練習にもっていくところまでの具体的なアドバイスがとても参考になりました。大人の生徒さんへの言葉かけや誘導の仕方など、なるほど!と思いました。(N.T様)

 

篠崎や新しいヴァイオリン教本を主に使ってレッスンしていたのですが、今のお子さんには難しくてなかなか進められずお互いストレスがありました。海外の教本やこまやかなワークを教えていただき、バリエーションが増えました。一年間ありがとうございました。教え方に自信が持てず、悩みが尽きない日々でしたが、少しだけ自信が持てた気がします(S.N様)

 

こちらのプランがしっかりしていないとダメだとわかりました。曲の一覧を見て、自分がやってきていないものも多くあり愕然としました。もっと時間をかけていかないとと思いました。(K.T様)


第2期第9回ヴァイオリン指導法講座~音楽基礎力をつける

2019年3月26日

渋谷ホール&スタジオ

 

<受講生アンケートより>

 考えすぎると混乱するという言葉がとても印象にのこりました。30分と短い時間のなかで、ついあれもこれもとやってしまいがちなので配分やバランスを考えていきたいです。(匿名希望様)

 

自分の演奏にも役立つことがたくさんあり、楽しいです。
譜読みの仕方にこんなに細かく段階があるんだということに改めてきづかされました。(T.K様)

 

自分のなかで整理できていなかったこと、漠然としていたことがはっきりしてよかったです。リズムの打ち方も知識として知っていましたが、生徒さんに「そうしよう」と強く言えなかったのがこれからはできそうです。フィンガーボード表に書かせることと等、ここまでやってくれるか心配でしたが、やってこなかったら一緒にやればいいんだと思えたり、色々とはっけんがありました。(匿名希望様)


第2期第8回ヴァイオリン指導法講座~移弦を極める

2018年2月26日

渋谷ホール&スタジオ

 

<受講生アンケートより>
なじみ深いエチュードや曲を使って、こまやかに説明してくださったのぼんやりしていた腕の使い方や弓の位置に確信が持てました。(匿名希望様)

 

移弦するときに、音が出なくてがちがちの大人の生徒さんがいるのですが、腕の先行が先ということを意識した基礎的なトレーニングを取り入れたいいのかなと思いました。今まで何となくやっていた移弦を意識的に考えることが大事だと思いました。(E.I様)

 

自分でも曖昧だったことが少しハッキリ出来そうです。家で実践してみます。今日は自自分が実際に弾いて教えていただいたので、より勉強になりました。(K,T様)

 

レッスンをするときに、指弓ばかりに目が行きがちでしたが、上腕・前腕・体重移動などもっといろいろなポイントを見ていきたいと思いました。実際にレッスンする上でとても参考になります。(T.K様)

 

前倒しでテクニックを教える大切さ、いつも曲に入ってからあたふたしてしまいます。
伝い弓が上手くできない子が多く続かなかったので、指弓を使えるようになるまで一貫してレッスンのなかでやります。(N.T様)

自分が体系的にエチュードを勉強しないで来てしまいましたので、ひとつひとつ何を使って教えるかや具体的な指導の方法が分かってよかったです。基礎をキチンと初めから身に着けずに、その場しのぎな感じできてしまったので、毎回大変勉強になっています。(匿名希望様)


富山県ヴァイオリン指導法講座~ポジション移動・音階練習

2018年1月30日

 

<受講生アンケートより>

私自身が今、無理のない弾き方を改めて考えるべきと痛感しているところだったので、今日の講座が自分をかえりみるきっかけになりそうです。ありがとうございました。(匿名希望様) 

 

ポジション移動の手の動かし方を改めて整理することができて大変勉強になりました。家で改めて復習して、レッスンにかせたらと思います。スケールワークも改めて大事なことだと実感しました。(匿名希望様) 

 

自分が普段やっているはずのことを文章化された事により色々なことが再確認できました。(匿名希望様) 

 

ポジションチェンジの腕の動かし方のシステムを理解することが大事だとわかりました。

ポジションチェンジの際に、親指や手首の動かすタイミングを細かく意識したことがなかったので、すぐには難しいですが、少しづつ慣れていきたいと思います。(匿名希望様)

 

ぼんやりとなっていたポジションチェンジの伝え方がはっきりした気がします。

音階のレッスン方法のヒントをいただきました。(根来かなう様)


第2期第7回ヴァイオリン指導法講座~上達のための音階練習

2019年1月23日

渋谷ホール&スタジオ

 

<受講生アンケートより>

基礎を全くと言っていいほど習っていないので、教える側になって困っていました。

ポジション移動や音階は、自分自身がうまくいっていなかったこともあり、教え方も悩んでいたのですが、基本的なところを教えていただいたので今後に生かせそうです。(E.A様)

 

なんとなく自分のなかでやっていたことを細かく言語化してくださったので頭の整理ができました。30分レッスンのなかでどこまでやるかが悩みどころなのですが、少しづつ取り入れたいと思います。(匿名希望様)

 

音階の「型」を覚えて、曲が楽に弾けるように自分もがんばります。(T.T様)

 

3・6度、オクターブ、単音のスケール、半音階、セヴィシックのポジションチェンジ練習とすべての基礎を知ることができました。ゆっくり復習したいと思います。(匿名希望様)

 

基礎練習ばかりのレッスンをしていいんだという自信がつきました。(狩野友香様)

 

音階が大事だとはわかっていても、どのように、どれくらい教えたよいか分からなかったのですが、具体的になり良かったです。趣味の方にもやはりきちんと教えるべきだなとか、調性のことも教えるべきだなと大変勉強になりました。(匿名希望様)


第2期第6回ヴァイオリン指導法講座~ポジション移動

2019年11月27日

BEC音楽教室

 

<受講生アンケートより>

下行するときの動きがよくわかりました。

徹底して声掛けすることが大切ですね・・・。よく理解して諦めないでレッスンしていこうと思いました。(T.T様)

 

親指先行はやっていたのですが、ツーアクションの方法は初めてで、手の小さい人ほどやってみると良さそうだと思いました。(匿名希望様)

 

ポジション移動の具体的な練習方法がわかりました。

ポジション下行時の親指や手首の先行、肩当無しでの練習を私自身も練習したいと思います。(E.I様)

 

無意識にやっていたポジション移動を言葉で具体的に説明していただけて何に注意して教えたらよいのか分かりました。

親指を先に下ろすのが難しく、自分でやってなかったので教える前に自分ができるようにならないとと思いました。でも確かに、先に下ろした方が安定すると実感できました。ありがとうございました。(匿名希望様)

 

セビシックOp.8の活用法、自分が何気なく学び今に至っていることを改めて学びなおすことができました。(渡邉佳奈子様)


富山県ヴァイオリン指導法講座~導入期②・右手の基礎構築

2018年10月25日

 

<受講生アンケートより>

右肘に注目してばかりでしたが、違うアプローチで解決するのでは!?と思えてきました。早速実践します。(匿名希望様)

 

右手の指導順序を知ることができました。

生徒さん目線のお話も聞けて、とても勉強になりました。

ひじが下がる原因も分かったのがよかったです!(匿名希望様)

 

実際のレッスンの動画を見ながらの解説がとても分かりやすかったです。

右手の基礎練習、今日からはじめます。(匿名希望様) 


第2期第5回ヴァイオリン指導法講座~右手の基礎構築
2018年10月23日

BEC音楽教室

 

<受講生アンケートより>

とにかく指弓をしっかり覚えてもらうこと。脱力には筋力が必要なこと。

言うだけ言ってみて、なかなかしっかり使っているかまでは見られていませんでした。

色々と詳しくお話しが聞けてとても勉強になりました。勇気が出なくて出遅れましたが、講座のスタートから来ればよかったと思いました。(K.T様)

 

自分自身のテクニックの見直しになりました。今日教えていただいたことをまずはしっかり復習します。忘れないように、今日やります!(T.T様)

 

手ほどきからどのように技術を順番に習得するか、川合先生がご苦労されて得てきた方法をたくさん細かく教えていただき、大変感謝しております。(匿名希望様)

 

体重移動の仕方、必要性、自分自身のボウイング練習としてやりたいと思います。

講座はテンポ感があって、とても具体的でわかりやすかったです。(匿名希望様)

 

脱力や持ち方などは独立した問題ではなく、”より良い音で弾くため(楽に弾くため)”の目的があってこそだと改めて気づきました。(渡邉佳奈子様)

 

とても良いエクササイズになると思いました。生徒だけではなく自分も活用したいと思います。

一弓スタッカートが自分自身苦手だったのですが、練習方法がわかり、やってみようと思いました。弓を飛ばすのが苦手な生徒にもヒントになることがたくさんありました。(E.I様)

 

トレモロやリコシェは自分自身も悩んでいたので、とてもありがたかったです。(S.N様)


第2期第4回ヴァイオリン指導法講座~ヴィブラート

2018年9月25日
BEC音楽教室

 

<受講生アンケートより>

一般的なヴィブラートのリズム練習を教えていたのですが、それだけだと脱力が上手くいかなかったりして、曲になった時にちりめんヴィブラートになってしまっていましたが、今日学んだ予備練習を取り入れる事で、良くなっていきそうだなと思いました。(匿名希望様)

 

私自身が今まで手首からのヴィブラートしか習ったことがなく、ここ数年になって腕からのヴィブラートを練習し始めたのですが、定着が難しい。また生徒で(特に大人)左手、右手とも力が入りがちな生徒にどう教えるのかを悩んでいました。

今日はヴィブラートができるようになるまでの過程がわかりました。スモールステップで地道な練習が大事なんだなと思いました。

体の構造や、どこの力を使うのかといった理論と実際にどういった練習が必要なのかがわかり、勉強になりました。(E.I.様)

 

ヴィブラートに関する教本や資料が少ないので、感覚で伝えることしかできませんでした。

動作に必要な腕、指の機能までしることができたので、とても参考になりました。(N.T様)

 

音を出すまでの準備が大切。ロングトーンの曲を長い期間弾くというのを実践します。

ヴィブラートをすでに教えた生徒さんにも一から実践して自信を持って表現できるようにしてあげたいです。(T.T.様)

 

ヴィブラートの指導についてここまで詳しく教わったことがなかった(自分もそこまで教えてもらわなかった)ので、とても分かりやすく、具体的で良かったです。(匿名希望様)

 

準備練習を今まであまりやっていなかったので、取り入れてみようと思います。

様々なアプローチを学べ、色々なタイプの生徒さんに対応していけます。(K.K.様)

 

左手肘と腕、指の動かし方、「ねじり」の表現がとても分かりやすかったです。

特に大人の方のヴィブラートのタイミングが気になりました。

練習のプログラムがすっきりと分かりやすく、実践してみようと思いました。

自分自身も改めて見直すきっかけとなりました。(匿名希望様)


富山県ヴァイオリン指導法講座~導入期①

2018年8月22日

 

<受講生アンケートより>

ボウイングの導入がクリアになりました。とても楽しく学ぶことができました。機会を頂けて感謝です。(根来かなう様)

 

毎回、脱力の方法のヒントを頂き、とてもレッスンに生かせさせて頂いています。

私自身が意外とできていない脱力、指の体操があり、改めて家でもやってみようと思いました。(匿名希望様)

 

弓の持ち方、手の体操、体重の移動も初めから取り入れる事、リズムの取り方、とても勉強になりました。やってみようと思います。指の体操、重要だと思いました。(R.S様)

 

少しづつ自分のやっていることとリンクできたり新しい視点を持つことができました。

かゆいところに手が届くようで、つも勉強になります。(匿名希望様)


第2期第3回ヴァイオリン指導法講座~スケールワークで読譜に強くなる

 

2018年7月25日

BEC音楽教室

 

<受講生アンケートより>

 

 

フィンガーボード表のように目で見える形で音の位置が確認できると、生徒さんの安心感に繋がると思いました。

普段のレッスンでは、つい目の前の曲を弾くということに終始してしまいがちですが、自分が弾いている曲の成り立ちについて少しでも理解した上で弾くことは、より音楽を楽しむための近道になるなと感じました。(匿名希望様)

 

ただただ、篠崎の2巻や小野アンナを宿題に出していましたが、スケールワークを学ぶことで、しっかりと理解しながら弾けるようになりそうです。スケールワークは以前より気になっていて、とても楽しみにしてきました。指導のためはもちろん、自分のためにも勉強になりました。(S.N様) 

 

書かせることの意味や、モード等の大切さを感じました。

フィンガーボードはあまり使っていなかったけれど、調号が多くなったら使用した方がよいのかと思いました。

まだ楽曲分析まで行っていないのですが、そこにつなげていきたいと思っています。

興味を持って取り組んでいる子が多いです。いずれは全員にやってもらいたいです。(藤本香様)

 

数字譜は今まで教えた事がなかったので取り入れたいです。

テトラコードの考え方も今まで自分のなかにあまりなかったので勉強になりました。

譜読み、調性の教え方を段階を踏んで教えていただけたので、とても勉強になりました。(E.I様)

 

学生時代、謎のままで終わった教会旋法がやっとわかりました。

小中学校でも教科書にコードネームが入ってくるので、せっかくレッスンに来ている生徒には、そこで「あー、ヴァイオリンでやった」と思ってもらえるようにしたいです。(渡邉佳奈子様)


第2期第2回ヴァイオリン指導法講座~導入期②
2018年6月26日
BEC音楽教室

<受講生アンケートより>

テキストもそうですが、知っているつもりだったがで知ってらなかったことが山ほどあるなと実感しました。

 

自分でレッスンしていると悩みが自分だけでぐるぐるとしてしまうので、こうやって外に出て学ぶ機会は貴重だと思いました。

 

海外のテキストが気になっていたのですが、内容が不安で手を出せずにいました。中身や概要を教えていただけてよかったです。(渡邉佳奈子様)

 

昨年受講させていただいた時よりも、より理解を深められた様に思います。

動画で見せてくださるのがとても解りやすく有り難いです。(匿名希望様)

 

「弾くこと」以外の内容の進め方、見せていただいた教本のバリエーションと内容が面白そうなので購入したいです。

沢山の教本を見せていただいきありがとうございました。気になるものは手に入れて研究した上でぜひ使ってみたいです。(T.T様)

 

いろいろな教本を見る事ができて、とても参考になりました。

構え方の細かいところや読譜の指導法も参考になりました。

実際の基礎の指導法を学ぶことができて、よかったです。(E.I様)

 

大人の初心者には子供と同じ教材ではやりにくいと、いつも悩んでいました。

大人の初心者の生徒さんにいかに楽しんで楽器を弾いてもらうかのコツが満載でした。

 

和音のコードを学ぶ必要性も感じました。(N.T様)

 

海外のテキストの活用法、ビデオがあったので子供の反応など知ることができました。

次回もまた出席したいです。普段は自分のレッスンを見つめなおすことが少ないので、とても良い機会になりました。

今後のレッスンに生かしていきたいです。(加藤真由子様)


第2回富山県ヴァイオリン指導法講座 スケールワークで読譜に強くなる

日時:2018年5月24日(火)9:45~11:45
会場:富山市内


<受講生アンケートより>

生徒さんには、しっかり楽譜を読めるようになってもらいたいと常々思っていたので、本講座のワークを取り入れて、がんばりたいと思います。ありがとうございました。(E.T様)

 

感覚で調を感じることの良さ、そこに知識がつくてさらに強くなることを実感しました。大変勉強になりました。早速役立てたいと思います。(匿名希望様)

 

種まきの大切さ、少しづつ忍耐強く時間をかける大切さを改めて再確認しました。

以前もこのテーマで受講させていただき、少しずつでも着実に生徒さんに効果が表れています。

 

これから数年後この種がどう花開いていくのか楽しみです。(匿名希望様)


第2期第1回ヴァイオリン指導法講座~導入期①音楽基礎の土台作り
2018年5月29日
BEC音楽教室

<受講生アンケートより>

基礎的な内容に時間をたっぷりとる。

土台づくりをしっかりやることが生徒さんのためになるということを改めて実感できるお話しでした(T.T様)

 

たくさんの独自のアイデアにとても刺激をうけさせて頂き勉強になりました。

とても細かく内容が濃く、レッスン風景の動画など参考になり、わかりやすかったです。(匿名希望様)

 

導入期の指導を徹底しておかないと後々生徒も教える側も苦労することになるのは身をもって体験してきました。

導入期の教材が豊富で生徒が喜びそうなものばかりでレッスンも楽しくできそうです(N.T様)

 

動画を見ながら実際のレッスンというのが参考になって良いです。

あと、プレピアノランドを今まで楽譜屋さんで見て気になっていたのですが、どう使っていいのかわからなかったのを、今日聞くことができてよかったです(E.I様)

 

今日も盛り沢山でとても勉強になりました。

基礎の基礎をもっとていねいにやらなくてはいけないなと改めて思いました。(匿名希望様)


第1期11回ヴァイオリン指導法講座~レッスンプラン

2018年4月24日(火)10:00~12:00

BEC音楽教室 (有楽町線江戸川橋2番出口より徒歩5分)

講師:川合左余子

 

<受講生アンケートより>

カリキュラムがしっかりしていると、どんな生徒が来ても教える側がブレないでいられると思いました。(N.T様)

 

カリキュラムの作り方の参考になりそうです。練習ポイントカードはぜひ導入しようと思います。(匿名希望)

 

それぞれの要素をどのようなタイミングで取り入れたら良いか、基礎練習と曲の組み合わせがわかって良かったです。(H.T様)

 

生徒一人一人の状況、進み具合などにより合わせた教材選定ができそうです。

詳細な曲リスト、教材やカリキュラム作りがとても参考になりました。(M.K様)


第1期10回ヴァイオリン指導法講座~音楽基礎力をつける

2018年3月27日(火)10:00~12:00

会場:BEC音楽教室 (有楽町線江戸川橋2番出口より徒歩5分)

講師:川合左余子

 

<受講生アンケートより> 

今までの教え方だとリズムは教えられてもその先の音楽性へつながるようなレッスンができていないと感じていたので、初めの音符の伝え方が大切だと思いました。(N.T様)

 

リズム打ちから拍感や音楽の流れが感じ取れるのだなと思いました。

弓を押し付けてしまう方が多いので、mfの概念はかなり新鮮でした。(H.T様)

 

いろいろな生徒さんの弾き方を思い出しながら聞きました。

この問題点の解決方はこういったアプローチが効果的かなと多くのアイディアをいただけました。(M.K様)

 

幼児の生徒さんの音楽基礎力の指導に悩んでいました。

リズムの教え方や、さらに手をかけなければならないことを認識しました。(T.T様)


第1期9回ヴァイオリン指導法講座~移弦を極める

日時:2018年2月27日(火)10時~12時 終了後希望者のみランチ会

会場:BEC音楽教室(有楽町線江戸川橋2番出口より徒歩5分)

講師:川合左余子

 

<受講生アンケートより>

新しく導入してみたいエクササイズができました!

エチュードの使い方も新しい要素を取り入れてみたいです。(M.K様)

 

一つの動作をより分解して理解し、完成に近づけていく。基礎練の大切さ。

大変勉強になりました。本も参考になっておりますが、より理解を深めることができました。(T.T様)

 

指弓とあわせて移弦練習を考えていなかったので試してみたいです。(M.W様)

 

小指のスナップをきかせて移弦するというのが新鮮でした。

改めて指弓の重要性を感じました。教えていると、どうしても左手に目がいってしまって弓の練習はボウイング以外にはあまり取り入れてこなかったのですが、音色にも直結しますし見直さなければと思いました。(H.T様)

 

エチュード(カイザー)に入る前に何を教えたらよいかとても参考になりました。

カイザーがとてもよくできた教本だということが再認識できました。

何に重点を置いてレッスンをするか、教材の選び方が知ることができてよかったです。(N.T様)


第12回ヴァイオリン骨体操講座 音楽をする身体

日時:2018年2月25日(日)15時~

場所:昭和音楽大学北校舎

講師:遠藤記代子

 

<受講生アンケートより>

体がほぐれました。6方向のビームのイメージ、さわやかなイメージがとても参考になりました。絵を描くのが楽しかったです。(K.K様)

 

普段、運動不足なので体がほぐれて気持ちが良かったです。
力を抜くということが少しできたように思います。(匿名希望様)

 

体幹に強いところ弱いところがあることに気が付きました。

呼吸法を学び、リラックスする方法を知りました。とても楽しかったです。(A.N様)

 

意識するということはイメージ(想像)すること。音をそのイメージに近づける。
イメージするという音楽の基本的な行為は、楽器を持つ前に行うべき大切なことだと思いました。(A.S様)


第1回 富山県ヴァイオリン指導法講座~ヴィブラート

日時:2018年2月22日(木)

場所:富山市民芸術創造センター

講師:川合左余子

 

<受講生アンケートより>

ヴィブラートをかける時にいかに脱力することが大事かということが感じられました。ただ「力を抜いて」と言うだけでは伝わらないので、もう少し具体的に指摘ができそうです。

普段、教え方を教わる機会はほとんどありませんので、大変勉強になりました。ありがとうございました。(E.T 様)

 

とても楽しく知りたいことをたくさん知ることができました。今後のレッスンに深く役立たせていただきたいです。ありがとうございました。(A.T様)

 

子供、大人もそうですが、ポジション移動での音程の悪さ、ヴィブラートを教えるにあたり、どこから入ったら良いかなど、悩んでいました。

ヴィブラートは腕から始めにやること、レッスンでもなかなかうまく伝えることができなかったので、早速やってみよう思います。筋力・・・キーワードな気がします。

詳しく細かなことがわかりました。レッスンでも近くでよく見たりすることが大事だと感じました。(R.S様)

 

テキストには手の形を様々な角度から、そして文章に気を使って書かれていますが、やはり実際に目で見るのとはイメージがわからない部分がありました。今日、受講して練習していくこれからの姿が見えてきました。(森田芳郎様)

 

自分自身がどのようにヴィブラートをかけられるように練習してきたか、今どのようにかけているか、改めて考えると、日々のエクササイズを怠ってきているなと反省しました。レッスンでも実践してみますが、私自身のヴィブラートの改善、バリエーションを増やすために今一度エクササイズを始めてみたいです。(匿名希望様)

 

とてもわかりやすく、音を出す前の身体の使い方を教えていただけて嬉しかったです。

早速レッスンに取り入れてやってみます。(Y.S様)


第4回ピアノ講師のための室内楽講座「夢の室内楽」

 

レッスン

2018年1月27日(金)

2018年2月9日(金)

本番

2018年2月16日(金)

 

講師:川合左余子 安大登志子

会場:プリモ芸術工房(東急目黒線洗足駅徒歩1分)

 

<受講生アンケートより>

まだまだ勉強不足ですが、参加して、一緒に合わせていただき、刺激を受けたのと同時に今後の課題が沢山出てきました。自分のピアノの技術面でも反省点が多くありました。

皆様の演奏のすばらしさに感激しました。音が重なりうまく溶け合った時には、とても嬉しかったです。

少しでもそういった場面に合った時を忘れずに、今後の演奏に活かしていきたいです。(M.M様)

全く初めてで何もわからないので、とにかく経験させて頂きたく参りました。

ヴァイオリン、チェロの音を聴き、合わせるということを意識することを得ました。

 

とても楽しかったです。貴重な経験、ご指導をありがとうございました。(A.U様)

 

弦楽器との音量のや響かせ方のかかわり方、相手のパートと自分のアートの楽譜のよみこむ「力」に悩んでいました。

自分の左手によって、音量も流れも大きく左右することがだいぶ見えてきました。

音が聞けるようになってきました。(たにもとゆきこ様)

 

これまで楽譜を見て、すぐ音にしてしまい音楽について考えることをしていなかったと思います。

楽譜を見て音楽を考える楽しさ、ワクワク感。素敵な時間、貴重な経験の場をありがとうございます。

皆さんの演奏の変化に驚きました。弦の響きに溶け込んでゆくピアノの音色。音楽のコミュニケーションの手段のひとつになること、名曲と言われる曲のすばらしさも改めて感じています。

ぜひ、皆さんに参加して頂けたらと思います。

他楽器あってのピアノ、ピアノあっての室内楽トリオの魅力ですね。(須黒綾子様)

 


第8回ヴァイオリン指導法講座~上達のための音階練習

日時:2018年1月23日(火)10:30~12:30

会場:BEC音楽教室(有楽町線江戸川橋2番出口より徒歩2分)

講師:川合左余子

 

<受講生アンケートより>

音階を練習する大切さがわかりました。

移弦をするときに3指をのこすことなど今までやっていなかったので実践したいです。

ヴァイオリンの指導法講座を受講するのは初めてでしたが、何もかもが勉強になりました。(一谷絵美様)

 

指をどこまで(移弦時)におさえておくかなど、私とは少し違うタイミングの良さが学べました。半音階は私自身もあまり学んでいなかったので生徒にもやらせておらず、今後は活用していきたいと思います。(MK様)

 

音階練習の大切さを生徒に理解してもらうための段階が工夫されていて、とても参考になりました。普段のレッスンでこちらが要求することを強く言ってしまいがちですが、川合先生のレッスンの最後は楽しく帰したいという思いに愛情を感じました。(TN様)


第7回ヴァイオリン指導法講座~ポジション移動

日時:2017年11月28日(火)10:00~12:00

会場:昭和音楽大学北校舎

講師:川合左余子

 

<受講生アンケートより>

ポジション移動は自分が小学生の時にやってきて何となく出来てしまった部分が大きいので、教える立場になったときに具体的に説明するのが難しかったです。ポジション移動の実践練習を学べてとても参考になります。

ポジション移動に入る前にやった方が良い指の脱力、親指を回す運動などを知ることができました。

スムーズにポジション移動に入りやすい指導方法だなと思いました。(N.T様)

 

ポジション移動をするときに、力みがなかなか抜けない方への教え方に悩んでいました。

親指先行で降りるのは習っていたのですが、第5ポジションへの上下の動きははじめて拝見したのでとても興味深かったです。

調弦についても迷っていたのでお話しが聞けてよかったです。(H.T様)


第6回ヴァイオリン指導法講座~スケールワークで読譜に強くなる
日時:2017年11月21日(火)10:00~12:00

会場:BEC音楽教室(有楽町線江戸川橋2番出口より徒歩2分)

受講料:¥4,000

定員:10名

講師:川合左余子

 

<受講生アンケートより> 

シンプルに伝えることが大事なのだと思いました。

ワークに頼っていたけれど、やはり音を出して実践した方が良いですね。

Ⅰ、Ⅳ、Ⅴなども教える事が重要。

川合先生の体験を元につくられたものなので、とても分かりやすかったです。

つまずくポイントなどもよくわかりました。和声感=調性ですね。音程が取れるだけではダメなのだと思いました。(藤本香様)

 

ピアノでも教えるスケール。

半音・全音の感覚など、同じ幅の鍵盤だからか、感覚の鈍さが気になっていました。

ひとつひとつ丁寧に丁寧に伝えることの大切さ。

ピアノとも重なりました。自分のレッスンでも種を蒔き続けようと思います。

先に続くレッスンのための土台作りの姿勢がわかり、素晴らしいセミナーでした。(須黒綾子様)

 

なかなか楽譜が読めない、音符と指が結びつかない子がいます。

調というものの全体像をいかに生徒に伝えて行くか・・・ということが具体的に見えてきました。

音階について、自分でも感覚でやっていて理論を意識していない部分があるなと気づきました。(匿名希望様)

 

テトラコードやフィンガーボードの理解が、私自身再確認することができました。

レッスンでも取り入れてみようと思います。

今までなかなか音程が取れない生徒さんにはソルフェージュを歌わせて音感を身につけられないかと思っていました。

しかし、それだけではうまくいかなかったり、自分で譜読みができなかったりする生徒さんがいました。

スケールワークからのアプローチを試してみようと思います。(匿名希望様) 


第5回ヴァイオリン指導法講座
          ~右手の基礎構築

 

2017年10月31日10時~12時
昭和音楽大学北校舎
講師:川合左余子

 

<受講生アンケートより>

右手のテクニックに必要な様々な練習方法、大人になってある程度弾けるようになった生徒さんに役立つ練習方法が満載でした。

楽器を弾く前、音を出す前にやるべきことが多かったことが参考になりました。以前はあまり気にしたことがなかったのですが、体重移動の大切さもわかりました。(N.T様)

 

自分が指弓や手首のやわらかさがあまりなく、改善する方法がないものか?と思っていました。

指弓を早く動かして練習したことがなかったので発見でした。サルタートやリコシェを、少し違うアプローチで教えられるかなと楽しみです。(M.W様)

 

二人羽織でさせること、目からウロコでした。

私自身、左利きで中学の時に箸を右手になおしたり苦労したこともあったので、右手のテクニックのつけ方は大変勉強になりました。(R.T様)

 

様々な弓の練習方法、生徒さんへのアプローチの仕方、指弓の体操がいかに大切かよくわかりました。

本の中の右手の練習法を各項目ていねいにご説明頂けたのでとても勉強になりました。

指弓は子供の時についていた先生に教わっていたのですが、大きくなってからの先生は反対はで、ご無沙汰していたのですが、自分も思い出しながら生徒さんに教えたいと思います。(H.T様)

 

右手のやわらかさを得るための様々なアプローチ、指導開始時期などを知ることができました。

新たな視点を得られ、自分でも練習を続けながら生徒さんの指導に活かせそうです。(匿名希望様)


第4回ヴァイオリン指導法講座
  ~導入期から中級までの教材選び

 

2017年9月26日(火)10:00~12:00

昭和音楽大学 北校舎

講師:川合左余子

 

<アンケートより>
なかなか自分で楽譜を探せないのでありがたいです。カリキュラムも参考にさせていただきたいです。(M.W様)


日本で一般的に使われている教本だけでは、お子さんに対応できないことがあり、何か良い教材はないかと探していました。楽器店の講師会議でも度々導入教材のことがテーマになるのですが、皆さん悩みは似ていて、でも解決法がみつからないという状態でした。なかなか目にすることのできない海外の教材をたくさんみせていただけて、実際に使われている先生からのお話しはとても学びになりました。(匿名希望様)


導入期に適した教材が見つけられず、ザイツに入る前の曲で困っていました。日本の教材はいきなり難しくなってしまうことが多い気がします。導入期の進め方がとても参考になりました。楽しく弾けて、基礎も学べるので生徒にも先生にも充実したレッスンが出来ると感じました。海外の教材を知ることができて参考になりました。大人の生徒さんにも勧めたい教材もたくさんあったので、今後のレッスンが楽しみです。(N.T様)


第3回ヴァイオリン指導法講座~導入期

2017年7月18日10:00-12:00
昭和音楽大学北校舎

講師:川合左余子


<受講生アンケート>

たくさん動画をまじえて進めていただけたので、とても分かりやすかったです。

今までリズムのワークや音符のワークなど試してきたのですが、実際にやっている曲の中のリズムでお勉強するのはとても良いなと思いました。参考にさせていただきたいです。(H.T様)

 

一人一人に違ったアプローチをもって考えて、レッスンしていこうと思います。同じ年齢でも違う教材でないと、進められなかったりするのだと、確認できました。(M.W様)

 

導入期の教本について、リズムや音符をバランスよく学べる教本が見つけられませんでした。

子供が楽しく学べる具体的な指導法、たくさんバリエーションがあって楽しそうなので、早速試します。(N.T様)

 


第2回指導法講座

  ~スケールワークで読譜に強くなる

 

2017年6月20日(火)10:00~12:00

昭和音楽大学 北校舎
講師:川合左余子

 

<受講生アンケートより>

今までA-Durから音階をやっていましたが、イマイチ効果がなく、生徒に役立てることができませんでした。音階についてきちんと説明することで音階って楽しいと思えるようなきっかけができると嬉しいです。(N.T様)

 

スケールや調など、だいたいこんな感じ・・・としか教えていなかったので、実践してみたいです。(M.W様)

 

元々私自身和声がとても苦手だったので理解出来るか不安でしたが、自然と耳に入ってくる内容で、これなら私でもレッスンに取り入れられそうだなと希望が持てました。(H.T様)


第2回夢の室内楽

   ~ピアノ講師のための室内楽講座

 

レッスン

 第1回 2017年6月2日(金)

 第2回 2017年6月23日(金)

 本番   2017年6月30日(金)

プリモ芸術工房

講師:川合左余子 安大登志子

<アンサンブル体験受講生アンケートより>

自分の演奏に関しては、やりたいことが(先生の音を聴く・指先や足裏の感覚・響かせ方など)頭の中でゴチャゴチャしたままで、それに加え極度の緊張もあり、ボロボロになってしまい反省でした。

聴講に関しては、室内楽ならではの学びに加え、ピアノソロの際にも大切にしたいことにも、たくさん気付くことも出来ました。

そして皆様の演奏を拝聴し、いつか私も…と夢を抱いてしまいました。

正に「夢の室内楽」ですね♪

本当に有意義な一時を、ありがとうございました。(T.C様)


はじめての室内楽レクチャー講座
       ~すずらんピアノ教室様

 

日時:2017年6月17日(土)
会場:ヴィラムジーカ誉田
講師:川合左余子、安大登志子

主催:須黒綾子先生主宰すずらんピアノ教室


第10回ヴァイオリン骨体操講座
2017年6月4日
講師:遠藤記代子

 

<受講生アンケート> 

本のみの知識だっため、実際の体操のリズムやスピードに自信がありませんでした。

先生を前に、動きがあっているかどうか確かめることができました。(K.M様)

 

とても効率的に体の悩みを解決することができました。(匿名希望)

 

ヴァイオリン骨体操を読んでわからなかったことがクリアーになってよかった。(N.S様)


第1回ヴァイオリン指導法講座~ヴィブラート

2017年5月30日(火)10:00~12:00

 昭和音楽大学 北校舎

講師:川合左余子

<受講者アンケート>

少人数クラス、とてもありがたいです。

 なかなか他の先生とレッスン内容や教え方について、じっくり話せる機会がないので、いろいろ吸収したいと思います。(W様)


第2回夢の室内楽
  ~ピアノ講師のための室内楽講座

レッスン

 2017年6月  2日(金)午前9時~13時

 2017年6月23日(金)午前9時~13時

本番

  2017年6月30日(金)11時~12時

 講師:ヴァイオリン 川合左余子

チェロ 安大登志子


第9回ヴァイオリン骨体操講座
   ~ベストな本番を迎えるために

 

2017年2月12日(日) 15~17時

昭和音楽大学 北校舎

講師:遠藤記代子


第8回ヴァイオリン骨体操講座
2016年10月2日
場所:昭和音楽大学北校舎
講師:遠藤記代子


第1回夢の室内楽

   ~ピアノ講師のための室内楽講座

ウオーミングアップレクチャー

 1回目 2015年10月29日
 2回目 2016年1月14日
連続講座レッスン

 レッスン1回目 2016年3月31日

 レッスン2回目 2016年4月14日
 本番       2016年4月17日

ますこピアノ教室 笑夢ホール


【主催】第4回バロックダンス講座 ~ ルール

 

日時:2015年11月20日(金)10時半~12時半

受講料:¥3,500

場所:昭和音楽大学 北校舎 第7スタジオ

定員:30名

講師:岩佐 樹里


【川合左余子公開講座】考える力をつけるヴァイオリンレッスン~導入編


<講座内容・ポイント>

●生徒さんとのコミュニケーションには「カウンセリングレッスン」が有効!!

●生徒さんの考える力になる「内的聴覚」をどう育てるか?

●はじめての生徒さんがぶつかる壁「調弦」「読譜」など


<日時>

2015年 10月6日(火) 10:45~12:45 

※講座後、同会場にて軽食付き懇親会有り 13:00~14:00


<会場>

スガナミミュージックサロン多摩ホール


<受講料(税込)> ※懇親会費含む

 一般 : 3,500円

 会員 : 3,000円(スガナミFCカードをお持ちの方)


<お問合せ・申し込み先>

スガナミ楽器 多摩店

東京都多摩市落合1-46-1 ココリア多摩センター4階

TEL:042-375-5311  FAX:042-375-5322


子ども参加OK!!

第3回バロックダンス講座


日時:2015年8月19日(水)10:30 ~ 12:00


受講料:

親子参加(子供と大人2名)¥4,000

学生¥2,000

一般 ¥3,500


場所:昭和音楽大学 北校舎 第6スタジオ



当日の様子

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-12063777371.html


川合左余子公開講座

考える力をつけるヴァイオリンレッスン

~導入編


<講座内容・ポイント>

・生徒さんとのコミュニケーションには「カウンセリングレッスン」が有効!

・楽器演奏に不可欠な内的聴覚をいかに育てるか?

・はじめての生徒さんがぶつかる壁「調弦」「読譜」など


<日時>

2015年7月6日(月) 10:00~12:30

 ※講座後に同会場にて軽食付懇親会12:30~13:30


<会場>

スガナミ楽器 町田店 2階ハーモニーホール


<受講料> ※税込、懇親会費含む

一般:3,500円

会員:3,000円(スガナミFCカードをお持ちの方)


<お問い合わせ>

スガナミ楽器 町田店  ℡ 042-722-3458

http://www.suganami.com/event/38710




【主催】第2回バロックダンス講座


演奏家、指導者対象のバロックダンス講座です。


講師:岩佐樹里

日時:2015年6月29日(月) 10:45~12:15

場所:昭和音楽大学北校舎 第6スタジオ

受講料:3500円 (定員30名)


当日の様子

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-12044819816.html


【主催】第7回ヴァイオリン骨体操


ヴァイオリニストであり、ナンバ術協会公認師範の資格をお持ちの遠藤記代子先生のよる、体操講座です。


講師:遠藤記代子

日時:2015年 6月28日(日)15時半~17時

受講料:一般¥3,000 (親子参加はペア料金)

 ワンポイント公開レッスン ¥5,000


場所:昭和音楽大学 北校舎 第4スタジオ


当日の様子

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-12044420806.html


ますこピアノ教室さま主催

第2回 室内楽レクチャー&コンサート

 

主にピアノの先生方向けの室内楽講座です。
前半は室内楽のコツ、お教室の発表会での生徒さんとの共演について、参加者の方とのアンサンブル体験を行いました。

 

ミニコンサート(ヴァイオリン&チェロ)

インヴェンション(バッハ)他


日時:2015年12月27日(土)

   10:30~12:30

会場:ますこぴあの教室『笑夢(M)ホール』

 

ー 当日の様子 -

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-12011922648.html


【主催】第1回 バロックダンス講座


講師:岩佐 樹里先生

日時:2015年3月30日(月)

   10時半~12時

会場:昭和音楽大学 北校舎 第6スタジオ

 

主に、音楽指導者、演奏家、プロ志望の方向けです。

平日の午前中、2・3か月ごとに開催予定です。


ー 当日の様子 ー

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-11996394523.html


ますこピアノ教室さま主催

室内楽レクチャー&コンサート


主にピアノの先生方向けの室内楽講座です。
前半は室内楽のコツ、お教室の発表会での生徒さんとの共演について、参加者の方とのアンサンブル体験を行いました。


ミニコンサート

ヴァイオリンソナタ2・4楽章(フランク)


日時:平成26年12月27日(土)

   10:30~12:30

会場:ますこぴあの教室『笑夢(M)ホール』

講師:川合左余子 (ピアノ 木村佳野)


― 当日の様子 ―

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-11970143455.html


第5回 遠藤記代子先生 ヴァイオリン骨体操

~ 動きの基礎


日時:2014年11月16日(日)

  ワンポイントレッスン 14時~14時半

  全体講義  14時半~16時

  質疑応答  16時半~17時


場所:昭和音楽大学 北校舎 2階 第7スタジオ


- 当日の様子 -

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-11953232523.html


第4回 遠藤記代子先生ヴァイオリン骨体操

~ 身体をコントロールする


日時:2014年8月3日(日)

全体講義  14時~15時半

質疑応答  15時半~16時

受講料:¥3,000 (親子参加はペア料金)


場所:昭和音楽大学 北校舎 3階 第6スタジオ


- 当日の様子 -

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-11904289630.html


第3回 遠藤記代子先生ヴァイオリン骨体操 ~ 身体をチューニングする


日時:2014年 5月18日(日)

公開レッスン 13時~14時過ぎまで

全体講義   14時半~15時半

質疑応答   15時半~16時




- 当日の様子 -

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-11854116077.html


第2回 ヴァイオリン骨体操

 ~ 基礎講座(復習編)、体に意識を向ける


日時:2014年 2月16日(日)

   公開レッスン 14時半ごろ~

   全体講義   15時半~16時半

   質疑応答   16時半~17時


受講料:¥3000 (親子参加はペア料金)


場所:昭和音楽大学 北校舎


- 当日の様子 -

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-11773983966.html


第1回 ヴァイオリン骨体操

~ 基礎講座、体に意識を向ける


日時:2013年11月17日(日)16時~17時半


受講料:¥3000 (親子参加はペア料金)


場所:昭和音楽大学 北校舎





-  当日の様子 -

http://ameblo.jp/sayoneco/entry-11699897750.html


「音楽をする身体」

2018年2月25日(日)15:00~17:00

会場:昭和音楽大学北校舎

(小田急線新百合ヶ丘駅徒歩1分)

受講料:¥3,500

講師:遠藤記代子